2015年11月02日

使用機材その1 SC-88

SC-88(2).jpg

ある程度コンピューター音楽に詳しい人であれば、もはや知らない人はいないんじゃないか?っていうくらいの有名な機種なわけですが…。

こちらは90年代初頭に発売されたローランドのMIDI音源、SC-88です。
ちなみに、SCというのは「サウンド・キャンパス」の意のようです。
先代の機種であるSC-55や上位機種であるSC-88proと共に、この手の音源の中でトップクラスの普及率を誇っていました。

こういう音源で作られた楽曲は、最近だとよくジャスコ(スーパーマーケットで流れてそうな音楽、の意)などとネタにされているらしく、初めてそれを知ったときは笑ったものですが、現在のようにCDクオリティの実音をそのまま潤沢に使用できるような環境ではなかった昔の頃のカラオケボックスの伴奏データは、これらSCシリーズで作られたものも数多くあったようです。
それでも、あんまり安っぽさを感じないのは、データを製作した職人たちがとんでもねぇバケモノ揃いだったからです。

私がこの機種を手にしたのは09年ごろ。
作曲活動を営んでいる知人から譲ってもらいました(そういえば、それっきり久しくお会いしてないな…)。

私は当時から作曲をやっていましたが、作曲ソフトに標準で付いているようなソフトウェアMIDI音源しか持っていなかったため、そんな私を不憫に想い、「MIDIやってるんならコレくらい持ってたほうがいい」と、おさがりをプレゼントしてくれたのです。

SCシリーズの実機なんてものは、当時の私にとって見ればとんでもねぇ高嶺の花であり、こんなものをプレゼントしてもらって本当に嬉しかったのをよく覚えています。
実際、環境は激変し、作曲活動はかなりスムーズになりました。

ところで、個人サークルを立ち上げて以来、「あのグラスホッパーって奴は、何でもかんでもSC-88で作ってるらしいぜ」みたいなことを周りの人からよく言われたのですが、
別にそんなことはありませんから!(泣)

楽曲の根幹となるようなトラックは他の機材に任せ、キーボードやストリングス、ブラスなど、補助的な面で仕事をしてもらっています。
posted by グラスホッパー at 13:34| Comment(2) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

M3お疲れ様でした

10月25日に、同人音楽即売会「M3」が東京流通センターで催されてからちょうど一週間が経ちました。
現地では様々な人にお世話になりました。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

情けないことですが、ここで私の不実をお詫びしなければなりません。

本来、この25日のM3では新曲を用意する予定だったのですが、けっきょく用意することが出来ませんでした。

今までこのブログでそのことについての話題を出さなかったのは、製作状況がギリギリすぎて、最後の一日まで間に合うかどうか分からなかったからです。
新作を告知することすら出来ないとは、自分の行き当たりばったりっぷりに嫌気が差します。

自分が手掛ける楽曲について妥協はしたくないですが、高度な楽曲であればあるほど、勢い任せでは作れないということがよく分かりました。
二度とこんなことが無いよう、製作体制を磐石にし、計画性を持って作業に取り組むように一層の努力をいたします。

これからも、グラスホッパーをどうぞよろしくお願いします。



CA3I0022.jpg
当日の私のブースはこんな感じ。
ありがたいことに、作品そのものの売れ行きは非常に良かったです(在庫の消化率は約90%


CA3I0023.jpg
今まで、M3ではデモンストレーション用機材としてDTM音源のSC-88を飾っていましたが、今回はスプリングリバーブのエフェクター、RV-100に変更。
マイクに向かって声を出すと、響いて聞こえるから面白いですよ
posted by グラスホッパー at 22:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

初音ミクのぼやき

「ただでさえ日本語もあんまり得意じゃないのに、『キッカワ語で歌え』ってのはちょっとハードル高すぎますよ…。
貴方だって知ってるでしょう?
私は日本語の読み書きは平仮名しか出来ないし、未だに『私は〜』を『私わ〜』と間違えるレベルなんですよ?」

タグ:初音ミク
posted by グラスホッパー at 01:27| Comment(0) | 架空の会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする