2015年11月30日

使用機材その4 DX-7

CA3I0029.jpg

80年代初頭に発売されたYAMAHAのシンセサイザー、DX-7です。

こちらも、今までご紹介したRX-7やKPR-77と同じ店で購入し……って、
なんでもある(あった)な、あの店。

SC-88と同じく、ある一定以上の世代の人にとってはおなじみの機材かもしれません。
なんせ、世界で最も売れたシンセサイザーはコレであり、MIDI規格の便利さをこれでもかというほど世に知らしめた歴史的存在でもあるからです。
そして、発売から30年以上経った今でも、まだまだ未知なる可能性を秘めた機材でもあります。

なぜならば、仕組みがメチャクチャ複雑なので、当時使いこなせたのは一部の有識者くらいだったからです。

本体そのものの機能は落ち着いて対処すればどうってことはないのですが、なんといっても厄介なのはFM音源
FM音源、特にこのDX-7に搭載されているものは無数の正弦波の集合体のような存在であり、DX-7はこれを組み合わせることによって音を作り出しているのですが、右も左も数字ばかりで出来ているうえに設定しなければならない項目も多くそれぞれが芋づる式に影響を及ぼしあいながら音色が構築されていく仕組みであるため、細かいところを適当に済ませるようなことも出来ません。
完成形を予想することも一筋縄ではいかず、作れる音色の自由度が非常に広いこともあいまって、何も知らない人が触ると確実に火傷します。
なので、大半の人は、詳しい人が作った音色のレシピを有料で買い、それを本体に読み込ませて使っていました(雑誌などに載っていたほか、専用のカートリッジも売られていました)。

これを購入したのは、作曲をするようになってからしばらく経ったので既存のMIDI音源とは違う何かが欲しくなり、「安く買えそうな古いシンセサイザーって何か無いの?」と思ったのがキッカケです。
ちなみに、一歩間違っていたら、KORGのPOLY-800を買っていた可能性もありました。

p.jpg
※こちらがKORGの公式HPに載っていたPOLY-800の画像。
MIDIに対応したアナログシンセサイザーで……あれ?ぶっちゃけこっちのほうが凄くね?


さて、DX-7はMIDI規格にこそ対応していますが、やはり後年のMIDI音源のようにはいかず、使い心地はかなり独特です。
まず、何より、どのMIDI音源でもスイッチを入れれば必ず一番最初にお目にかかれる「ただのピアノの音」がありません。
FM音源は、他の音は作れても、普通のピアノの音は作れないのです。
そして、エフェクターのようなものは内蔵されていませんから、本体だけだとスッピン状態の音しか聴くことが出来ず、コレを使えばどんな音楽が作れるのか想像がつきません(なんせ、CDで耳にしたような音が出てこないのですから)。
どうしても、ある程度の予備知識と設備投資が必要になってきます。

ちなみに、私はこれを買ったときに、空間系のエフェクターはスプリングリバーブしか持っていませんでした。
満足の行くサウンドを作り出せたのは、デジタルコーラスとデジタルリバーブを手に入れてからです。

しかし、一時代を築き上げただけのことはあり、そのサウンドのポテンシャルは相当なもので、特に高音域の抜けの良さにおいては今なお他の追随を許しません。
どこまでも突き抜けるかのような透き通った音は埋もれることなんてまず無く、そういう点だけなら、今でもありとあらゆるシンセサイザーの中で最強なのではないでしょうか?

普段、私はこれをいわゆる“MIDIキーボード”として愛用しているほか、もちろん実際に曲の中で音色を使ったこともあります。
ただ、今のところ本体(と標準装備のカートリッジの中)に入っているプリセットの音色しか使ったことがないので、もっと色んな音を使いこなせるようになりたいですね。
posted by グラスホッパー at 22:17| Comment(2) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4オペまでなら弄ってましたFM音源。エレピの音はFM音源が得意な音でしたね。MIDIキーボードとしてはいいかもしれないですね、ちょっと大きいけど。
Posted by れざれくしょん・あーる at 2015年12月06日 04:20
DX7なんて6オペですもんねぇ。オペレーターは数が増えれば増えるほど難易度も上がっていくものですが、最上位機種のDX1を使いこなせた人なんてどれくらいいたのやら……(っていうか、余程レアなのか中古品なんて見かけたことも無いんですけどね)。
エレピも勿論印象的なんですけれど、マリンバやフルートが妙にリアルで存在感を放っているので、そういうのも上手く使いこなせたら面白そうです。
Posted by グラスホッパー at 2015年12月07日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: