2015年01月30日

カフェインでも酔えます

ある日の晩、初音ミクが唐突に
「みんな自分に歌を仕込むことを“調教”と言う。
でも、それによって成長しているのは私ではなく、むしろ調教師(トレーナー)だ。
使う側と使われる側、お互いが成長できるような関係を築いていけたら良い」

みたいなことを言い出しました。

ふと足元を見ると、コーラの空き缶が大量に転がっていました。
ラベル:初音ミク 創作
posted by グラスホッパー at 18:44| Comment(0) | 架空の会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: